中文版|English|日本語|한국어.

紹介

善琏湖筆工場

 

善琏湖筆工場は全国で最も早く生産湖筆で最大規模の湖筆の生産企業で、すでに六十年の歴史で、敷地面積が6000平方メートルで、建築面積が4000平方メートル、年間生産湖筆はちじゅう万本、技術の力は十分。国家級無形文化遺産‚湖筆制作芸伝承基地、中国の宝協会副会長の単位。



湖筆工場に入って、まず目が書いてあるのは蒙公祠遺跡この大石。1956年、元蒙公祠解体後で建てられた「善琏湖筆生産販売協同組合」、これは善琏湖筆工場の前生。



表門の左手に湖筆工場伝承館、2つの展示ホール。1番ホールの展示は湖筆工場の歴史物語や、歴代政府関係者、書画の芸術の有名人を殘して湖筆工場見学の貴重な写真。二番ホールの展示はいくつかの指導者、書家の書を殘し、及び生産制作湖筆に必要なウールとツール。



湖筆工場生産現場見学できる湖筆制作の各道工芸。湖筆制作技術は複雑で、1本の湖筆原料から出荷まで、一般道が八大工程を経て、一百二十多道小工程。多くの工程で、たらい、选択筆、結頭、装セット、篆刻などのプロセスとする最高、最も重んじ。



いち.タライ工程



たらいは湖筆制作の中で最も復雑で、最も重要な工程であり、主な仕事は、タライにウールを浸洗、スクリーニング、整理、整形。濡れては、筆の雑毛、毛糸、無鋒の毛などには適しません。



2 .ペンプロセス



ペン先を選択して、ペンを正式に取り付け、筆頭に最後の毛の整理、筆頭成型の工程である。



3 .刻字工程



文字は工夫が深い、技術性の強い労働種である。現在の印判師数少ない、篆刻も湖筆制作の中で唯一の手段で近代化の代わりにの工程。



4 .セットの工程



二つの部分が含まれています。一つはペンを入れて、精選したペンを掘って穴を掘って、しっかりとした筆頭を取り付ける。二は、ペンを装うための筆頭帽子です。



5 .仕上げ工程



結頭の工程も「ザク」という。水がめからの半制品の筆頭経を乾かして、先にシルクを筆頭に梱包で根元、更にロジンはランプに加熱し、溶けた松脂を塗って顔を筆頭に底、の毛もさらに黏结根。



6 .ブラシ工程



梳毛はたらいの中の工程を、主に各種ウールや兎の毛搞均一、理斉は、筆頭造型の一つの鍵。もともとこの工程は手で骨で作ったもので、苦労して、労働の強度が大きくて、技術革新を経て、機械を使って毛をくし、省力を省いて、仕事の効率を高めました。

 

観光地の入場券
バーチャル景勝地