中文版|English|日本語|한국어.

紹介

中国の文化館湖筆

 

中国湖筆文化本館は2010年きゅう、く月、総建築面積は1700平方メートル以上、当館で湖筆文化を軸に、善琏湖筆をめぐる歴史、湖筆制作技芸、筆筆工工の伝承、社会的習慣などの核心の内容、全面展示湖筆文化の豊かな味わいとユニークな。



第一ホールはホール。上にかかっている1本の巨筆、長い1メートル、寓意本館の建造時間は2010年。巨筆の週りでは4の橋で、『湖州府誌』に記載、「善琏町では府城東南70の中で、1名の善練、市4橋曰「福善、保善、慶善、宜善」、連絡セントラルのような形を束练習して、だから。」



第二の展示テーマは華夏湖筆を述べて千秋は、主に毛筆の起源。



館に展示された殷王朝靑銅器の上の「金文」、殷代オラクルの絵や文字に均等で、線が流暢で、1種のような筆で描きのもの。ここから推測すると、筆の発生は五六千年以前。



戦国の枝を筆、湖北省随州太鼓をたたく山、湖南省長沙左会社の最大の特徴は、これらの筆を筆頭に筆の週辺では、糸にしがみついて。



秦まで、また新たな改良は、ペンの首を筆頭に組み込む失っ、その中で、今の制笔方法と湖州に似ている。秦制のキャップという。



ホールの中で何枚の図を描いた湖筆の起源。宋の時代、安徽の戦乱のため、筆は他郷に避難した。南宋期まで、京都に移った臨安、つまり今の杭州、杭州では近くの善琏制笔業盛り上がり、それから中国の筆に向かった湖筆時代。



どうして湖筆をこんなにたくさんの人の賞賛?湖筆に四德三義の追求が非常に高く、いわゆる三義は「精純、美」というのは、四德「先、斉、円、健」。



二階に展示されているのはまずと湖筆が深いゆかりの名人。



王羲之、晋の書家、湖州任太守の時、よくとペン工と一緒に研究切磋制作芸をもっと書家の要求に合緻する湖筆。



本僧智永、王羲之の七世孫。彼は善琏永欣寺、出家は永欣寺ロフト臨書、書いて「千字文」を贈る八百巻分東南諸寺、30年から『真草千字文」が、彼の愛のように抱いて命筆筆で終わって、入滅。



赵孟頫、字は子昂、湖州の人、赵孟頫書画芸術創作生涯には湖筆の対外影響力に大貢献を作り出しました。



蘇東坡は、宋代の書画家蘇東坡、字は子瞻。湖を官にしている間に、湖をほめた詩篇がたくさん書いてあります。



吴昌硕、民国年代書家、字倉石、湖州安吉人。清末期の海辺で最も影響力の画家の一つ、「後海辺」の代表は、杭州西冷印社初代社長。



第三ホールテーマは天工芸は天下一だ、主に述べ湖筆の制作技術及び材料工具の展示。



湖筆の製造工程が筆料、タライ結頭、蒲墩、装セット、象眼、选択筆、篆刻共八大工程および120数の小さい工程。



第四の展示テーマは名工老号承万世



善琏湖筆の制作技術の数千年は家庭の伝承、師弟伝承の伝統的な方法に沿って続今。元の時代から始め、筆工地位からで重視され、当時書画名家、有識者の注意を与えると推薦。清から民国期間、善琏の筆工が全国各地で開設筆荘、ここで自分の名を冠したまたは姓。瑠璃街北京北京ハアピンメンのほか、北京の有名な文化街、その起源から清朝、当時北京各地科挙の試験を受けるの有権者が集中してこのあたりに住んでいるので、ここで販売書籍や筆墨紙硯の店舗が多くて、比較的に濃厚な文化の雰囲気を形成した。



第五の展示テーマは民俗郷を殘し遗韵風



湖筆の原産地は善琏、湖筆の祖先は秦の大将蒙恬将軍。毎年旧暦の三月十六と九月十六とは、「ペンの祖」と「筆蒙恬さま」卜香莲の誕生日で、善琏当地で行われるのが「蒙恬会」。2009年、「蒙恬会」は浙江省に非物質の文化の遺産の保護の名簿。



第六ホールのテーマは筆も濃い墨譜新章



善琏湖筆独特の伝統工芸を得たとして、党と国家と社会の各界の人々の関心と愛。中国の10名のペンを獲得した。



湖筆アーティスト杨卓民、李荣昌、邱昌明、杨松源など、何度も北京へ会議に参加し、中央の指導の接見を受けたと業界の省庁の栄誉顕彰。

 

観光地の入場券
バーチャル景勝地