中文版|English|日本語|한국어.

紹介

永続寺

 

永欣寺、蒙公祠は壁一重。秦の初めの間と善琏鎮東南の寺寺廟で、永欣、住職和尚法号善本当に、かつては災難に遭う蒙恬将軍収容寺の中で、このように、蒙恬が「を」と、一部の「英雄が美女を救う」のラブストーリー。しかし、遠近有名永欣寺は、智永和尚と関連。
みんなは智永禪師記憶深くないが、王羲之は、知らない人はいない。智永は王羲之の七世孫、書道はきわめて精奇。1300年、彼は善琏行脚まで見え、ここの世習筆業、しかも工芸優れ、蒙公祠脇の“永欣寺」に住んで、では三十年。彼は勉強しながら手習いをする本とペン工切磋しながら芸。彼は書く败の五鹿筆頭に埋もれ蒙公祠南の「晓园」、彼はまだ石段に直筆問題「退笔冢」の3つの字。自家製として大筆で1本大筆で、寂しい時はペンを抱えて終わりました。町によると老人は民国初年に見ることができる「退笔冢」の前支大石筆。
全体の寺院は天王殿、仏殿、南北偏殿や智永书書画院組成。
智永伝わる傑作は本当に、草2体の「千字文」、全帖書道完全先祖の名殘を受け、右军の側に折り之筆、大令の長い形の字の状態や時押えるアウトしの筆緻がありありと紙に常に。技法熟達して、丸い劲秀ラインを結び字秀麗平穏、全体雍容典雅、厳格な中で漏らす自由の成分。智永の書道成就から離れない彼は数十年の習字の練習で、聞くところによると彼は数十年に降りて、臨8百本の「千字文」、江東諸寺、各送1冊。当時を求めて彼は字とタイトルプラークの人門前市をなすので、寺内木製の檻を着ても踏まれざるを得ないブリキのそれを包んで。その後、この物語は「鉄の敷居」という故事に変わった。
北側偏殿1階の供えは文殊菩薩。彼は代表明知も呼ばれ、大知文殊師利菩薩。毎年大学入試の前のこの殿は最もにぎやかで、保護者は子供のために知恵の明かりをつけて、そして知恵の鐘をたたいて、子供の試験が順調になるように祈ります。
湖州の文化によって都市建設の発展の要求、2011年に発足した「智永书寺院書画院」を主催した「第1回智永文化芸術展2012」。仏法を発揚するためには、まだ強化と普陀山仏学院、台灣镇国寺など地方寺院の説法学術交流活動について。また、仏教の文化に対する発揚と伝承によって、まさに、正見が社会として、より多くの情報を生み出し、より多くの家庭に穏やかな幸福をもたらすことができる。

それは湖州の歴史の上でかつて中国の仏教の文化の輝きのために世間の注目を浴びる輝きを出したことがある。その時、盛世の今日は、現地の経済建設、文化建設を促進するための積極的な役割を果たすことができる。

 

観光地の入場券
バーチャル景勝地