中文版|English|日本語|한국어.

紹介

蒙公祠

 

蒙公祠は善琏歴代筆筆祖蒙恬工祭りの場。元蒙公祠は清.光緒年間、住所は今湖筆工場の位置、抗日戦争時期の損傷。今の蒙公祠は1993年からは地元の筆工献金再建し、敷地面積が4000平方メートル。2010年、政府投資百万円余りを修築し、拡張と、蒙公祠様相を一新させ。善琏「蒙公祠」は善琏湖筆業界のトーテムで、広大な筆工の精神の委託。毎年旧暦九月十六筆祖の誕生日で、筆工もモンゴルでは公祠盛大な「蒙恬祭り」、その規模はとても壮観。遠くまで北京の「戴月轩」、上海の「李鼎と」、「週虎臣筆荘」なども、贈り物、②来、お祝い筆業界盛会。この民俗活動は、今まで続いて衰えない。通称「蒙恬会」は、主に祭っ、会、蒙恬会酒、芝居をする三等の活動、雰囲気は非常に穏やか。2009年には、「蒙恬会」の民俗活動に浙江省「非遗”の名簿には、中央テレビ、東方テレビ、香港、台灣などの地区の主流メディアは、繰り返して善琏撮影の「蒙恬会」盛況、全世界に中国の伝統的な民俗文化展示の魅力。
蒙公祠建築主に中間正殿や、殿前左右各回廊じゅう間の構成。正殿の絵馬「蒙公祠』は湖州の著名な書道家谭建丞が本。蒙公祠正殿を休む山頂建築、反り返った軒先角を上げる。正殿で主に供え蒙恬ペン祖将軍、妻卜香莲と2人の息子蒙颖。勇敢に好戦的な蒙恬将軍名将名門出身で、その祖父蒙駿馬、父蒙武皆秦名将、小さいときから家庭環境の薫陶を受け、彼は幼い竜は一寸にして昇天の気あり。殿の両側には祖父や父、兄弟の絵がかかっている。
北回廊に述べたのは蒙恬妻と卜香莲ラブストーリー。秦37年、蒙恬遭難湖州、借用して住んでい于善琏西の砦の永欣寺。西の砦が戸姓卜の塗師人、女の香蓮目から入って鼻へ出る。ある日、彼女は洗濯によって川に落ちて、幸逢蒙恬通って、英雄が美女を救う。それから二人が知り合って夫婦となった。
蒙恬西堡期間、と一緒に改良卜香莲筆。その独特なスキル:「枝を軸に変更竹竿」、「兎の毛を柱、ウールを被って、納毛は管」、「石灰脱脂」や「かんざしを器具」など。善琏西堡所轄湖州府、と毛筆と呼ばれる湖筆を天下に名を揚げる。
その後蒙恬秦二世、趙高謀殺され、しかたなく服毒自殺。卜香莲幼子穎と、帰る故郷隠居、授人は制笔芸。善琏人から世代習筆業、続いて。

南回廊を展示しました蒙恬将軍の一生の事績、纪元前221年、蒙恬封為将軍、攻斉で破斉功労を内史拝され、その弟蒙毅も位至上卿。秦の統一六国後、30万の大軍を蒙恬率北匈奴。回復河南省(今内蒙古オルドス南オルドス市あたり)を建て、西は陇西の临洮(現在は甘粛岷县)、東は遼東(今の遼寧省境内)の万裏の長城、遠徴して北疆十余年、威震匈奴。

 

観光地の入場券
バーチャル景勝地