中文版|English|日本語|한국어.

湖筆文化


  善琏制笔業が始まり晋。聞くところによると秦大将蒙恬創ミリ、世の中、善琏人、筆業を生。ここで、人によって西晋崔豹所撰の『古今注』では、「蒙恬始造、すなわち秦筆耳。柘木を管で、鹿の毛为柱、ウールを羽織って」という言い方や、『湖州府誌』に記された「博物志云舜製のペンは、小さな博物志云蒙恬製のペンは、古非無筆が、兎の毛で、自恬しかも制法が勝る故に、今善琏者は必ず祀恬耳を筆祖。」などの史料、歴代の信奉蒙恬を筆祖、その湖筆制作技術も受け、ずっと恬の制法で、今なお続いて。

 

 


  元から清から、善琏鎮はほとんど家制笔、制笔名工輩出し、技術は絶えず進歩、湖筆量が質の優。清乾隆帝は六年(西暦1741年)、善琏筆工経営の「王一品斎筆荘」、湖州城内の創立で、わが国最古の集湖筆生産と経営を一体の専門の筆荘。その後、北京、上海、蘇州などに広がりつつある。「戴月轩」、「李鼎と」などの名店筆荘、次々に発表。そこで、善琏古い湖筆制作技術は真っ盛りで、国内外に有名になる。

  民国初年まで、わずかに従事する善琏鎮筆業は300社以上、筆工せん人余り。町に毛皮の行よんしよ家、文筆行よんしよ家、それにいくつかの仕入れ、貯蔵運輸商の若干の家、年産湖筆48万本。この時期では、善琏湖筆の制作技術、に達した名人、完璧な無双ほど。行内と善琏湖筆は尖って、斉、円、キーは、「四德」は全て用意を有し、「呉興毛颖之技は天下一」の称賛の言葉。

  抗日戦争の時、湖州は陥落した。善琏百家筆店を避ける戦乱と、家族に引っ越す上海、蘇州など、ほとんど筆工ため失業、しかたなく転業ため湖筆は年に生産停止さんヶ月ぶり。解放前、善琏の制笔業も一面の疲弊。

  新しい中国が成立した後に、筆は続々と帰郷して、筆を使います。政府の関心と支援の下で、1951年に設立されました琏湖筆同業善会、1956年ばいい湖筆生産組合は、1959年には別れが創設した善琏湖筆工場と含山湖筆工場。「文革」に湖筆生産をもたらす、多くのブランド品を「復旧」の疑いで生産停止。第11期第3回全体会議の後、湖筆生産活気を取り戻し、急速な成長を。善琏湖筆工場、含山湖筆工場などの生産メーカー、伝承湖筆伝統工芸の主要企業。彼らが生産の双羊牌、沙牌湖筆、中国湖筆ブランド商品。

  優れた湖筆、その独特な魅力を受け、絵画や政界の好き。世代の文豪郭沫若さん、生前非常に好き湖筆、書いて「湖に生花の筆、姑蘇髪1本。」の賛美の言葉。启功、李苦禅、沙孟海など中国の有名な書画家、常用彼らの好きな湖筆、善琏書いて詩を殘して、芸術を伝えるために、彼らは善琏湖筆の愛慕の情。

  トウ穎超などの中央の指導の訪問にはよく、善として琏湖筆国礼、贈り物の国際友人。刘华清、李铁映などの中央の指導は、善琏見学して視察に善琏すばらしい記憶を殘した筆工。

  善琏湖筆数十の世代の伝承に発展して、すでに私の国の伝統的な手作り技芸の中の1つの不思議。この町では、子から、妻の夫を拝師、親テープ児徒、四世代の「楽しめ湖筆旧家」非常に普遍的。今、善琏工房及び販売に従事する湖筆町個体戸の家が92、従業員は1350人余り、年産湖筆800万本、湖筆は善琏町の伝統の手芸産業。2005年には、全国の軽重工業連合会、の宝協会連合授与善琏を「中国湖筆の都」の称号。2006年善琏湖筆制作テクニック、ランクインした最初の国家級無形文化遺産保護リスト。2011年以来2回授与され、文化部「中国民間文化芸術の故郷”の称号を獲得して、信じて、善琏湖筆の伝統芸を作って、各級の政府の関心を大事にするが、きっとが健康の伝承の発展。






観光地の入場券
バーチャル景勝地